COOのつぶやき|FinTech立ち上げで考えたこと

スタートアップ・金融のトピックを中心に、COOとして何を考えているかを綴ります

9時ー15時でスタートアップを経営できるか?

前回のブログ更新からだいぶ経ってしまいました。チームメンバーからも指摘され(汗)、採用面接でお会いした方にも「最近更新していないですよね」と言われ(大汗)。。。

 

「はい、書きます!」

 

今回は少し前に書き溜めていたネタを書こうかと。我が家は共働きでして、少し前ですが奥さんが1週間海外出張に行きました。

 

 

そう、子供2人(4歳と2歳)と1週間過ごすのです。二人ともやんちゃの盛りですし、そもそもそんな長期間の父子家庭をやったことが無いので不安。

  

保育園があるのでその1週間は9時〜15時の出勤としましたが、それでも帰宅後は息つく暇もないほどの状態でした。

 

時々奥さんが「朝、家事を終えてからの満員電車がつらい」とか「帰宅後は立ちっぱなし」など言っていたのですが、その意味がよく分かりました。本当、奥さんには感謝です!

 

さて、本題ですが、「9時ー15時の時短経営は難しいよな〜」と思いました。経営しているとは言え、スタートアップですから作業も多いのが実態(むしろそれが大半・・・)。となると、時短で犠牲になるのは仕事をしているわけではない「ゆとりの時間」です。

 

最近◯◯さん忙しそうだよな、「最近どうよ?」と話しかけたり。「昨日こんなことあってさ〜。もう大変だったよ。」と隣の人に話しかけたり。会社でこんどこういうシェアリングをしてみようと考えたり。

 

忙しいと心に余裕がないため、こういうのが全部吹き飛んでしまうのです。しかしながら、こういった「ゆとりの時間」がメンバーのモチベーションアップや相互コミュニケーションに役立っているのであれば、それはむしろ生産性を高めるために削ってはいけない「ゆとり」かも知れません。

 

生産性を高めるために残業しないことを社是としているうちの会社ですが、その時間配分はどの程度がいいのか?(仕事:90、ゆとり:10 など)

 

また、 その「ゆとりの時間」はいつがいいのか、どういったことだと"意味"があるのか?今後もこのテーマについては色々と考えていきたいと思います。

 

この前、4歳の息子が幼稚園でこんなものを作ってきました。

 

f:id:tshiozawa:20190330061933j:plain

 

「パパのノートパソコン」

 

私が家で仕事をしているのをよく見るので、幼稚園で作ったそうです。

こういう意味でも仕事ばかりは良くないですね(苦笑)。

 

家での仕事もほどほどにして、息子と野球します☆