読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COOのつぶやき|FinTech立ち上げで考えたこと

スタートアップ・金融のトピックを中心に、COOとして何を考えているかを綴ります

やりたいことをやれるようにするには

最近、メディアに取り上げて頂ける機会が増えてきました。スタートアップは認知・信任が無いのが悩みどころなので、これからも露出は増やしていきたいですね。カンブリア宮殿目指します(笑)。

 

今日は以前に社内で議論になったことでも書こうかと思います。「自分たちがやりたいことを自由にやれる環境をいかに維持するか?」ということです。

 

モゲチェックモーゲージ・ネクストはユーザーがベストな住宅ローンを選べるサービスでして、完全に"ユーザーサイド"に立ったサービスです。"商品提供サイド(=銀行サイド)"には立っていません。これはMFS立ち上げ時に中山田と議論して決めたことです。

 

"ユーザーサイド"というのは聞こえはいいのですが、実際にそれを貫こうとすると結構大変。ビジネスである以上、どこからお金を調達してどうやって稼ぐのか?という問いからは逃れられません。

 

例えば、FinTechに出資しやすいところは

・銀行系VC

・銀行を傘下にもつIT企業

が有力候補ですし、フィーの払ってもらいやすさは 

法人(銀行のこと)>>>>>個人

です。

 

ユーザーサイドに立ってサービスをやると決めたのであれば、 資本もマネタイズ ポイントも銀行の色をつけてしまっては戯言になってしまいます。つまり、出資は銀行の色がつかないけどFinTechに興味あるところになり、フィーも銀行からではなくユーザーからもらうしかないのです。

 

この時点でいばらの道、確定です(苦笑)。 

 

ただ、幸いにも当社サービスに理解下さっている投資家がいて、ユーザーからのフィーの頂き方も工夫できたため、この方針であっていると確信しています。

 

今の課題である集客ですが、これもゆくゆくは他者に依存しない、自立したチャネルを確立したいと考えています。そうでないと他者の都合に振り回されてしまいますからね。

 

資本・マネタイズポイント・集客、この3つが「自分たちがやりたいことを自由にやれる環境を維持する」ための重要なポイントだな、と改めて思ったりしています。